レアル&PSG「混合ベスト11」をスペイン紙が読者投票で選出 激戦の3トップは…

CL大一番を前にしたアンケート企画 レアル勢が7人選ばれる

 現地時間14日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、パリ・サンジェルマン(PSG)とレアル・マドリードが激突する。そんな大一番を前に、スペイン紙「マルカ」はファンが選ぶ両チームの「混合ベスト11」を発表。レアルのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、まさかの選外となっている。

 世界トップクラスの選手が揃うPSGとレアル。この両者の対戦を前に、スペイン紙「マルカ」はファン・サポーターに向けて両チームを合わせたベストイレブンの読者投票を実施した。

 4-3-3のフォーメーションが選ばれたなかで、GKにはレアルのチリ代表GKケイラー・ナバスを選出。4バックの左には、昨年11月に日本代表と対戦しハイパフォーマンスを披露したブラジル代表DFマルセロが選ばれた。中央にはレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランス代表DFラファエル・ヴァランが選ばれている。最終ラインでPSGから唯一の選出となったのは、右サイドバックのブラジル代表DFダニエウ・アウベス。バルセロナで何度もレアルを打ち破ってきたブラジル人が選ばれている。

 3枚の中盤はすべてレアルから選出。クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ブラジル代表MFカゼミーロ、ドイツ代表MFトニ・クロースという世界トップクラスのトライアングルが顔を揃えた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング