本田圭佑に代表復帰待望論! 無回転FK弾と“伏線”動画公開に反響「ホンダ=大空翼」

モレリア戦の無回転FK弾とFK練習の合成動画を公式インスタグラムで公開

 パチューカのFW本田圭佑は現地時間3日に行われたメキシコリーグ(リーガMX)後期第5節、本拠地モレリア戦で強烈な無回転FKを突き刺し、2試合連続ゴールをマーク。好調をキープしており、同11日の敵地ベラクルス戦で“3試合連続弾”を狙う。そんななか、本田の公式インスタグラムが更新され、先のFK弾と“伏線”となった練習を合成した映像が公開。日本のみならず、海外ファンにも反響が広がっている。

 本田はトップ下で先発したモレリア戦、1-2と1点ビハインドで迎えた後半15分にゴール正面約28メートルの位置で得た直接FKで強烈な無回転シュートを放ち、相手GKの手を弾いてゴールに叩き込んだ。試合は2-3で惜敗も、後期リーグ5試合で3得点3アシストと好調をキープし、日本代表復帰待望論も巻き起こっている。

 11日に敵地ベラクルス戦を迎えるなか、本田の公式インスタグラムが更新され、一本の動画が公開された。映像は上下に二分割され、上段はモレリア戦で無回転FKを突き刺したシーン。前後左右、さらには上からも加えた5角度からシュートを捉え、最後はディエゴ・アロンソ監督に抱きついて喜びを分かち合う姿が収められている。そして、下段の映像はFK練習のもので、壁に見立てたダミーの上すれすれにボールを通す無回転キックでゴールネットを揺らしている。

 投稿では、日々の練習によるゴールだったこと、本田が後期リーグでチーム総得点の54%に絡んでいることに触れ、「Never be satisfied(決して満足しない)」という一文で締めくくられている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング