ブンデス公式が選ぶ長谷部誠「トップ5モーメント」 “GK起用”を抑え1位に輝いたのは?

 

ドイツでのプレーは10年超え 初ゴール、ブンデス初優勝がノミネート

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は、2008年1月にJ1浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍し、ブンデスリーガでのプレーキャリアは10年を超えた。リーグ公式YouTubeチャンネルは日本代表のキャプテンがドイツで積み重ねた珠玉のプレーを特集。「トップ5モーメント」と題して、特筆すべき5つの瞬間を紹介している。

 長谷部は2008年から13年までヴォルフスブルクに所属した。その後、1シーズンだけニュルンベルクでのプレーを経て、14年からフランクフルトで活躍。日本代表で定位置となっているボランチではなく、3バックの中央リベロで起用される機会が増えている。

 そんな長谷部のハイライトシーンを集めた動画で最初に紹介されたのは、ブンデスリーガでの初ゴール。これが生まれたのは、加入1年目の2008年4月27日に行われた敵地レバークーゼン戦(2-2)だった。ゴール左からドリブルで持ち込んだ元ブラジル代表FWグラフィッチからのラストパスに対して、ファーサイドに走り込んだ長谷部はスライディングして体を投げ出す泥臭い形でゴールを決めた。

 二つ目に収録されているのは、加入2年目の2008-09シーズンに成し遂げたブンデスリーガ優勝だ。シーズン途中に加入したFW大久保嘉人(現・川崎フロンターレ)とともにマイスターシャーレを掲げた。同シーズン、長谷部はリーグ戦25試合に出場。ボランチやサイドハーフ、サイドバックをこなすなど当時からポリバレントな活躍でクラブにとって初タイトルに貢献した。

 

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング