「ベストのカガワが戻ってきた」 好調・香川を米メディア分析、復活の“二大要因”は?

シュテーガー新体制で公式戦全7試合にスタメン出場 3得点2アシストと好調を維持

 ドルトムントのMF香川真司は今季途中から指揮を取り始めたペーター・シュテーガー監督の下で公式戦全7試合に連続スタメン出場。3得点2アシストと目に見える結果でアピールしている。躍動する背番号23は、海外メディアで「ベストのカガワが戻ってきた」と絶賛されている。

 香川の復調ぶりを特集しているのは、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」だ。ドルトムントの番記者、ステファン・ブチュコ氏がシュテーガー新監督の存在と、新たなポジションでの起用が香川の好調の要因だと分析した。

 記事では、香川が2012年から14年までプレーしたマンチェスター・ユナイテッドで決して満足のいくパフォーマンスを見せられなかったこと、トーマス・トゥヘル元監督やペーター・ボス前監督の両体制でレギュラーポジションを確保できなかったことが振り返られている。

 しかし、その苦境のなかでも「カガワは魔法のようなファーストタッチや、捕らえがたいターンを失うことはなかった」「この日本代表は常に価値のある戦力であり続けた」と決して構想外ではなかったと記された。

 

page1 page2

トレンド

ランキング