C・ロナウドはビジネスも規格外!? マドリード最古の書店を総額108億円でホテル改装へ

すでに買収でオーナーとサイン 総部屋数500の9階建てホテルに改装する計画を進行

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ビジネスマンとしての一面も持つ。買収したマドリード市内の書店をホテルに改装する計画を立てているという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 ロナウドはサッカー選手として一流であるのはもちろん、アパレルや香水のほか、故郷ポルトガルやイビサ島などでホテルビジネスを展開している。

 今回ロナウドが購入したのは、マドリード市内の中心街グランビアに位置する「カサ・デル・リブロ」のビルで、建築家ホセ・ヨルナス・ラローサが設計したマドリード最古の書店だ。ロナウドはすでに買収でオーナーとサイン。総額8000万ユーロ(約108億円)をかけ、総部屋数500の9階建てのホテルに改装する計画を進めているという。

 選手として活躍する傍ら、大々的に副業を展開するロナウドはビジネスマンとしても“規格外”のビジョンを持っているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング