リーグ・アン首位PSG、“ブラジル組”vs“その他南米組”が対立 地元紙「紛争」と特集

カバーニとパストーレの合流が遅れたことに、主将T・シウバが怒りのメッセージ

 フランス1部のリーグ・アン首位を走るパリ・サンジェルマン(PSG)に、再び内紛騒動が浮上した。フランス紙「レキップ」が報じている。

 今回の当事者は、ブラジル代表DFチアゴ・シウバ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレの“南米トリオ”だという。パストーレとカバーニが冬期休暇から合流が遅れ、キャプテンであるT・シウバがミックスゾーンで報道陣に怒りを吐き出したことが発端となった。

「こんなことになるまでに考えなければいけない。誰にとっても良いことではないが、パストーレとカバーニにも違いがある。パストーレはクラブに移籍したいと伝えたが、合意を得られなかった。カバーニは違う」

 これに対し、パストーレも“応戦”。自身のインスタグラムで「どんな問題や自分の将来についても、T・シウバと話したことは一度もない。自分は誰かにプレッシャーをかけるような真似はしない。それは自分のスタイルではないからだ。自分がなぜ合流遅れとなったか、その事情を彼は分かっていない」と反論している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング