なでしこMF猶本、新年初投稿で反響 “打ちっぱなし”写真に「お洒落な装いも可愛い」

昨季リーグ全18試合に出場した浦和MF猶本、なでしこジャパンでも7試合でプレー

 2018年が始まり、サッカー界では貴重なオフを満喫する選手もいれば、新シーズンに向けて早くもトレーニングに打ち込む選手もいる。なでしこジャパン(日本女子代表)の浦和レッズレディースMF猶本光は、9日に公式ツイッターを更新。新年の挨拶とともに意外な写真を投稿し、注目を集めている。

 猶本は昨年12月に東京で開催されたE-1選手権で代表に招集。第2戦の中国戦でスタメンに名を連ねると、2列目の中央で10番MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)とコンビを組んだ。しかし、思うように攻撃を組み立てられず、苦戦を強いられたままハーフタイムで交代。第1戦の韓国戦と第3戦の北朝鮮戦は出番がなく、高倉麻子監督への十分なアピールとはいかなかった。

 それでも高倉体制ではコンスタントに招集され、17年の代表戦は7試合に出場(14年6試合、15年2試合)。浦和レディースの一員としては、リーグ戦でチームは3位に終わったものの、全18試合に出場して2得点の活躍を披露した。

 成長を遂げる23歳が8日にツイッターを更新。2018年最初の投稿では、「だいぶ明けましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします」と茶目っ気たっぷりに挨拶し、1枚の写真をアップ。そこにはニット帽を被った猶本が、ゴルフ練習場で打ちっぱなしにチャレンジしている様子が写し出されている。

page1 page2 page3

トレンド

ランキング