前橋育英2年生FW榎本、決勝弾を自賛 試合直後に応援席直行「初めて嬉し泣きした」

次なる目標は「また監督を胴上げしたい」

 優勝が決まると、バックスタンドの応援席にすぐに駆け寄った。「出場できない3年生と喜びを分かち合いたかったんです。初めて嬉し泣きしました。山田先生を日本一の監督として胴上げできたことも嬉しかった」と、淡々とした口調はいつまでも変わらない。

 間もなく新チーム結成後、初の公式戦となる新人大会がスタートし、今度はチームを率先して引っ張る立場に変わる。「また次の選手権もあるので、監督を胴上げしたい」と186センチの大型FWは大きな目標を口にした。

【了】

河野 正●文 text by Tadashi Kawano

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド