“天才”小野の再現に期待!? 豪州メディアがAリーグに本田や“タイのメッシ”獲得を提言

起爆剤として獲得を求める 本田は「見ていて間違いなく楽しい選手」

 日本代表とロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で鎬を削ったオーストラリア代表は、大陸間プレーオフを経て本大会出場の切符をつかんだ。だが地元メディアは、“サッカルーズ”の愛称で知られる代表チームの根幹を支えるAリーグに対し、刺激とスター選手が足りないと提言。かつてウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)に所属し、華麗なプレーで魅了したMF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)に続く日本人スターとしてパチューカFW本田圭佑と、札幌のタイ代表FWチャナティップ・ソングラシンらを、Aリーグを盛り上げるスター候補として挙げている。

「Aリーグは生命の息吹を求めている」と特集したのは、オーストラリアのスポーツ専門メディア「ロアー」だった。

 記事ではリーグの魅力を高めるために、アジア枠でスター選手を補強する必要があると提言している。その筆頭として挙げられたのが本田だった。

「日本のスターは現在メキシコのパチューカに仕えているが、見ていて間違いなく楽しい選手だろう。彼はかつてサッカルーズにとっては“トゲのような存在”であり続けたが、彼のような存在を獲得することはAリーグにとって多大な追い風になるだろう。オーストラリアのピッチに彼の魔法を織り込むはずだ」

 昨季までイタリアのACミランで10番を背負った本田は、先月のFIFAクラブワールドカップでも膝に故障を抱えながら好パフォーマンスを見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド