清水桜が丘、幾多のJ戦士を育てた名将が学んだ“初出場の教訓” 「1がなければ2もない」

エース白井が大会前に怪我に見舞われ、「勢いをつけて入ることができなかった」

 “初出場の名門”を率いた清水桜が丘(静岡)の大瀧雅良監督は、改めて高校選手権での初戦の難しさを噛みしめた。第96回全国高校サッカー選手権は31日に1回戦が行われ、静岡県代表の清水桜が丘は1-1で突入したPK戦に3-5で敗れ、高川学園(山口)に屈した。

 清水桜が丘は2013年に学校再編により生まれた学校だが、合併前の前身には「清水商」の名前がある。高校選手権で過去3回頂点に立ち、元日本代表MF名波浩(現ジュビロ磐田監督)や同MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)など。名選手を数多く輩出。逸材たちを育て上げてきた大瀧監督は「肩の荷が重いもんだから、上手くいかない」と、初戦を表現した。

 静岡県大会では決勝で名門・静岡学園を破って全国へ。しかし、エースFW白井海斗が大会前に負傷するなど順風満帆ではなかった。大瀧監督は「最後の2週間、3週間は怪我のリカバリーに費やしてしまったので、勢いをつけて入ることができなかった」と、臨戦態勢を整え切れなかった内情を明かした。

 試合も後半35分に先制点を許す苦しい展開。同38分にはゴール前の混戦から同点ゴールを決めたが、その勢いをPK戦で持続できず、4人目の白井が相手GKに止められて敗戦となった。

page1 page2

トレンド

ランキング