スペイン紙選定「リーガ20クラブの歴代ベスト11」 エイバルの左MFに入った名手とは?

バルサとレアルは攻守のバランスを度外視した夢の布陣

 リーガ・エスパニョーラは第17節を終え、束の間の中断期間に入った。各紙は趣向を凝らした特集を組んでいるが、スペイン紙「マルカ」は今季1部所属の各クラブに所属した経験のある“夢のイレブン”を作成。最強チームはどこか、読者投票を呼びかけている。

 1位と2位を激しく争うのは、やはりバルセロナとレアル・マドリードだ。ただ両チームともフォーメーションは3-4-3で、攻守のバランスを少し度外視した面々が揃っている。

<バルセロナ>

GK

バルデス

DF

アウベス

プジョル

クーマン

MF

マラドーナ

シャビ

ブスケッツ

イニエスタ

FW

クライフ

メッシ

ロナウジーニョ

監督

グアルディオラ

<レアル・マドリード>

GK

カシージャス

DF

ラモス

イエロ

ロベルト・カルロス

MF

ミチェル

レドンド

モドリッチ

ジダン

FW

ディ・ステファノ

ラウール

クリスティアーノ・ロナウド

監督

ジダン

 両チームとも一時代を築いた名手ばかりが並んでいる。そのほかにもFWビジャ(バレンシア)、シメオネ監督(アトレチコ・マドリード)、MFバレロン(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、そしてアウベスとマラドーナはセビージャの11人にも名を連ねるなど、かなり自由な選出となっている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング