レジェンド勢揃い…豪華すぎる「ジュビロ磐田OB会」 元10番MFが“夢の一枚”を公開

名波監督、藤田、中山、福西、川口、前田…黄金時代を知る選手たちが集結

 Jリーグは現在、来たる2018年シーズンに向けて束の間のオフ中。厳しい戦いから解放されたこの時期だからこそ実現できる“共演”も多い。アルビレックス新潟のMF成岡翔は、ツイッターで「ジュビロ磐田OB会」に参加したことを報告。往年の名選手たちがズラリと揃った集合写真を公開し、「毎年のごとく素晴らしい会でした」と綴った。

 思わず目を奪われてしまうほどの豪華な顔ぶれだった。

 成岡は27日に自身のツイッターを更新し、「ジュビロ磐田OB会。毎年のごとく素晴らしい会でした」と綴った。現在は新潟に所属する成岡だが、静岡の強豪・藤枝東高から2003年に磐田に加入し、06年からは10番を着用。10年にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)制覇に貢献した。

 成岡をはじめ30人近いOBが集結したようだが、投稿された集合写真では錚々たるメンバーが並んでいる。

 現在チームの指揮を執る名波浩監督を筆頭に、藤田俊哉氏(現リーズ・コーチ)、中山雅史(現アスルクラロ沼津)、福西崇史氏、川口能活(現・相模原SC)、前田遼一(現FC東京)など、クラブの黄金時代を支えたレジェンドたちが一堂に会する“夢の一枚”となっている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング