複雑な発音に苦戦!? 香川や長谷部ら日本人ドイツ組、同僚に「日本語講座」の動画公開

ブンデス公式が“クリスマスプレゼント動画”を配信 3レベルで日本人選手が日本語指導

 

 今や日本人サッカー選手の“メイン供給先”となった感があるドイツのブンデスリーガ。現地でも彼らの活躍には注目が集まっているが、ブンデスリーガのYouTube公式チャンネルではMF香川真司(ドルトムント)、MF長谷部誠(フランクフルト)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)らがチームメートに日本語を教えるというクリスマスプレゼント動画を配信した。

 

 この動画はレベルが徐々に上がっていく「日本語講座」の体を取っている。まずレベル1は「HOW ARE YOU?」。日本語で「元気ですか?」とレッスンするのは香川とFW大迫勇也(ケルン)。大迫のチームメートであるMFヘクターは「ゲンキ、デスカ?」と一発クリアしたものの、ドルトムントのMFシュールレは「ゲンキ、デスナ!」と一文字違うだけでだいぶ意味が変わってしまう言葉に苦戦した。

 

 レベル2は「COUNT TO 5」、つまり「1から5まで数える」。これに登場するのは大迫、長谷部、香川、そしてFW武藤嘉紀(マインツ)、シャルケ時代の内田篤人(現ウニオン・ベルリン)だ。ここでもシュールレはやはり苦戦。「イチュ、ニー……」と発音すると香川は思わず吹き出してしまった。長谷部の相棒はFWマイアー。196センチの長身FWは「イチ、サン」と上手くいかず、ヘクターが「イチ、ニ、サン……」と置き気味に発音すると、大迫は笑顔。それに対して「え、何で笑ってんの?」とヘクターは少々困惑気味だった。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング