「うまいな~」 なでしこMF、ハリルJデビューの若武者に興奮「もっと見たかった!」

初招集の三竿が“日韓戦”の大舞台でA代表デビュー

 日本代表は16日にE-1選手権最終戦で韓国代表と対戦。1-4で完敗を喫したなか、今大会でハリルジャパンに初選出されたMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)が途中出場でA代表デビューを飾った。新進気鋭の21歳の晴れ舞台を、なでしこジャパンの同世代MFが「やっときた!!!」「もっと見たかった!」と喜びのツイートを発信している。

 日本は開始早々に得たPKをFW小林悠(川崎フロンターレ)が決めて幸先良く先制した。上々のスタートを切ったかに思われたが、その後は韓国に押し込まれて前半のうちに3失点。後半にも1失点を喫して1-4と敗れた。

 “永遠のライバル”韓国に、2010年5月24日以来(0-2)となる約7年7カ月ぶりの敗戦。4失点以上の敗戦は、1979年6月16日に1-4で敗れて以来と屈辱的なゲームとなってしまったが、後半21分にMF井手口陽介(ガンバ大阪)に代わって三竿が投入され、大会3試合目でのA代表デビューとなった。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見で、「ボールを奪える選手で、奪った後のファーストパスも面白い。力強さは他の選手よりあるかもしれない。代表でどういうプレーができるか見たい」と期待を寄せていた。最大限に持ち味を発揮できる試合展開ではなかったものの、21歳の若武者はサッカーキャリアにおいて大きな一歩を踏み出したと言っていいだろう。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング