「レアルで引退したい」 C・ロナウド、クラブW杯決勝後の会見で“今後”に言及

決勝のグレミオ戦は直接FKで決勝点をマーク 大会通算ゴール数で歴代最多を更新

 欧州王者レアル・マドリード(スペイン)は、16日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)決勝で南米王者グレミオ(ブラジル)を1-0で破り、史上初の大会連覇を成し遂げた。決勝ゴールを決めたエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、試合後の記者会見で「可能ならレアルで引退したい」と“レアル愛”を口にした。

 グレミオ戦にスタメン出場したロナウドは、前半から積極的にゴールに迫った。そして後半8分、ペナルティーエリア手前やや左でファウルを受けると自らキッカーを担当。無回転で狙ったシュートは割れた壁の間を通り、ワンバウンドしてニアサイドに決まった。準決勝のアルジャジーラ(UAE)戦に続く2試合連続弾が決勝点となり、チームに勝利を呼び込んだ。

 決勝のマン・オブ・ザ・マッチと大会のシルバーボールトロフィーを獲得したロナウドは、このクラブW杯通算7ゴールで歴代最多記録を更新。「このトロフィーを得ることができてとても嬉しい。大会最多ゴールという記録を作っていることも、もちろん嬉しいこと。常にピッチでベストを尽くし、僕のプレーを人々が楽しむ。そして、自分もピッチでサッカーを楽しむのがモチベーションだ」と喜びを表現している。

 そして、記者会見では今後のキャリアについても言及した。

 

page1 page2

トレンド

ランキング