連覇狙うレアルが攻勢もグレミオが気迫の守備で対抗 クラブW杯決勝は0-0で後半へ

ロナウドらがチャンスをつかむも、南米王者の守備を崩しきれず

 クラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップ決勝は、現地時間16日に欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と南米王者グレミオ(ブラジル)の間で争われ、前半はレアルにチャンスが多い展開も0-0で折り返した。

 レアルは準決勝を負傷欠場した主将のDFセルヒオ・ラモスが復帰し、MFトニ・クロースとDFダニ・カルバハルを含めた3人のメンバーを入れ替えた。

 試合は激しい立ち上がりを見せ、開始1分には縦パスを受けようとしたレアルFWクリスティアーノ・ロナウドに対してグレミオのDFペドロ・ジェロメウが背後から強烈なタックル。ふくらはぎにスパイクの跡がクッキリつくような強烈なタックルを受けたロナウドはもんどりうって倒れたが、カードはなし。ロナウドはプレーを続行して事なきを得た。

 そうしたなかでレアルは、同11分にFWカリム・ベンゼマ、同20分にロナウド、同24分にMFルカ・モドリッチがペナルティーエリア内でシュートチャンスをつかんだが、いずれもゴールならず。一方のグレミオは同28分にゴール正面の30メートルはあろうかという距離からDFエジウソンが強烈な直接FKを狙ったが、わずかにクロスバーを越えた。

 全体にはレアルが攻撃する回数が多くなった前半は、グレミオも堅守を発揮してスコアレスのまま終了。決着は後半に持ち越された。レアルは勝利すれば、史上初の大会連覇となる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング