インテル監督、「完全な選手」長友を激賞 「寵愛しているから落ち着いていい」

イタリア杯で今季初の右SBとしてフル出場 「チームにすべてを捧げている」

 インテルの日本代表DF長友佑都は、12日のコッパ・イタリア5回戦ポルディノーネ戦(0-0/PK5-4)で今季初となる右サイドバック(SB)で先発フル出場。ルチアーノ・スパレッティ監督は、そんな背番号55に「寵愛している」と最大限の賛辞を送った。

 16日のセリエA第17節ウディネーゼ戦の前日記者会見に出席したスパレッティ監督は、リーグ戦で先発の機会を失っている長友への信頼の高さを口にした。

「ナガトモに対して、我々は全てを高く評価している。リーグ序盤戦は好調だった。よくプレーもしていたから。今も調子は良い。彼の品行方正なパーソナリティーの点でも、ロッカールームでの態度も、彼は完全な選手。その時々で、チームにすべてを捧げている」

 長友はセリエCポルディノーネとのコッパ・イタリア5回戦で右SBとして先発。延長PK戦の死闘で最後の7人目のPKキッカーを務め、“ジャイアントキリング”を阻止した。現在、リーグ戦ではイタリア代表DFダビド・サントンに左SBの定位置を奪われている。しかし、控えでも練習やロッカールームでの振る舞いは優等生そのものだという。

 

page1 page2

トレンド

ランキング