「僕は貯金反対」…本田圭佑が持論展開 ファン感嘆「尊敬」「すごいチャレンジ精神」

クラブW杯で輝きを放った本田を海外メディアも称賛 15日に貯金に関してツイート

 

 パチューカのFW本田圭佑は、南米王者グレミオ(ブラジル)と対戦した現地時間12日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準決勝でフル出場。チームは延長戦の末に0-1で敗れたが、本田の堂々たるプレーを海外メディアも称賛するなど脚光を浴びている。そんななか、本田は自身の公式ツイッターを更新。“貯金”に関して持論を展開した。

 

 本田はクラブW杯準々決勝ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦、準決勝グレミオ(ブラジル)戦と2試合連続フル出場。ゴールこそ決められなかったが、際どいミドルシュートや鋭い飛び出しなどで相手を脅かし、攻撃陣のなかで一際輝きを放った。現地時間16日に控える開催国代表アルジャジーラとの3位決定戦に向けてチームは調整を続けているなか、本田はツイッターを更新し、次のように綴っている。

 

「貯金の重要性は理解しているが、僕は貯金反対で実際に生活費に必要なお金以外は全て消費ではなく投資に使う」

 

 15日にツイートした本田は、“貯金反対”という立場で持論を記すと、“投資”の意味について次のようにコメントを添えている。

 

「投資とはアスリートで例えるとフィジカルトレーニングみたいなもの」

 

page1 page2

トレンド

ランキング