C・ロナウドが“頂点”獲り クラブW杯最多得点にスペイン紙称賛「史上最強のスコアラー」

準決勝アルジャジーラ戦、1点ビハインドの後半8分に大会通算6ゴール目を記録

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、FIFAクラブワールドカップ(W杯)で一足早く“頂点”に立った。現地時間13日に行われた準決勝アルジャジーラ(UAE)戦で同点ゴールを決め、2-1の勝利に貢献。このゴールで同大会の通算ゴール数が「6」となり、歴代単独首位に躍り出たとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

 この日のレアルは相手GKのビッグセーブ連発に遭い、なおかつ前半41分に先制点を許すというまさかの展開。ロナウドも前半のシュートチャンスを決め切れなかったが、さすがの実力を見せたのは後半8分だった。クロアチア代表MFルカ・モドリッチの縦パスをペナルティーエリア右付近で受けると巧みなターンでゴール前に向き、右足でシュート。これがゴール左隅に突き刺さり、同点に追いついた。

 その後チームはウェールズ代表FWギャレス・ベイルの決勝点で辛くも勝利。クラブW杯連覇に王手をかけたが、ロナウドの決定力が試合の流れを変えたと言っていい。このゴールによって、ロナウドは同大会で「最もゴールを決めた選手」になったと紹介している。

「後半のゴールは、リオネル・メッシとルイス・スアレスを追い抜いたことを意味している。(クラブW杯)1ゴール目はマンチェスター・ユナイテッド時代の2008年に記録している。鹿島アントラーズとの決勝でハットトリックを達成したが、同大会2点目は2016年準決勝まで待たなければならなかった」

 

page1 page2

トレンド

ランキング