レアル大苦戦もC・ロナウド&ベイル弾で2-1逆転勝利! 史上初のCWC連覇へ王手

開催国王者アルジャジーラに先手を許すも、後半2ゴールで逆転勝利

 欧州王者レアル・マドリード(スペイン)は、現地時間13日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準決勝で、開催国代表アルジャジーラ(UAE)に苦戦しながらも逆転勝利を収めた。アルジャジーラが前半にカウンターからFWロマリーニョが先制点を奪ったが、レアルは後半にFWクリスティアーノ・ロナウドとFWギャレス・ベイルがゴールを奪い2-1で勝利した。

 レアルは試合開始から圧倒的に攻め立て、次々にペナルティーエリア内でシュートを放った。決定機の連続だったが、アルジャジーラのGKハサイフがファインセーブを連発。C・ロナウドやFWカリム・ベンゼマのシュートを鋭い反応で次々にはじき出した。

 また、レアルは前半24分にベンゼマがヘディングシュートを決めたが、手前でロナウドのプッシングがありファウルでノーゴール。同30分にはMFカゼミーロのヘディングシュートが一度はゴールと判定されたが、ビデオ・アシスタントレフェリー制度(VAR)による確認が入り、オフサイドポジションにいたベンゼマが相手選手のプレーに影響を与えたとして、オフサイドの反則が採用されてノーゴールとなった。

 アルジャジーラは時々カウンターでFWアリ・マブフートがゴールに迫ったが、試合全体は完全なレアルペース。ファインセーブ連発のハサイフの活躍がなければ大量点になっていておかしくない展開だったが、迎えた同41分、敵陣でボールがつながるとロマリーニョにパスが通り、ペナルティーエリア内の左サイドから右足シュートを決めて、1-0とアルジャジーラが先制点を奪ってハーフタイムを迎えた。

 

page1 page2

トレンド

ランキング