浦和MF柏木が反省「レアルを意識し騒ぎ立てた結果」 日本人の特性と鹿島との差で持論

クラブW杯初戦で開催国代表アルジャジーラに0-1敗戦、浦和は5位決定戦へ

 浦和レッズのMF柏木陽介は、FIFAクラブワールドカップの5位決定戦(12日)を翌日に控えた11日のトレーニングを終えると、改めて初戦の敗戦を振り返り「レアルを意識して騒ぎ立てた結果」と反省した。そして日本人の特性についても持論を述べ、鹿島アントラーズと比較したうえで至らなさを語っている。

 浦和は9日の大会初戦で開催国代表アルジャジーラ(UAE)に0-1と敗戦。これによって、準決勝で欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と戦う機会が失われた。柏木は「もちろん、レアルとやりたかったんだけど」と切り出すと、大会に至るまでのチームを取り巻く環境と自分たちの姿勢を振り返って反省の言葉を口にしている。

「僕ら選手、日本のメディア、レアルを意識して騒ぎ立てた結果だと思うし、個人的にもレアルとやりたいと。そういうのじゃサッカーは勝てないと。目の前の試合を1試合、1試合とやらないと。そればかりを考えて試合をしたわけじゃないけど、それが日本というか日本人の悪さなんじゃないかと思う。僕らはもともと“パーティーボーイ”が多いチームだから、どちらかというと、全体的にそういう盛り上げ方になってしまった。誰とユニフォームを交換するという話の前に、もっとやるべきことがあった」

 喪失感と失望の残る敗戦から2日目を過ごし、胸中を整理したかのように柏木を持論を話した。初戦を突破すればレアルと対戦というシチュエーションは、大会全体に対するモチベーションという意味ではプラスの側面もあっただろう。しかし、初戦をどこか軽視するかのような空気にチームが包まれたことを反省している。組み合わせ抽選の結果も含め、「レアルの魔力」とでも呼べるようなものがあるほど、白い巨人の存在は大きかったという。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング