18歳神童が60m独走の“光速カウンター”発動 「ボルト級」「ランウェイを駆け抜けた」

ムバッペがリール戦で、一人カウンターからダメ押しの3点目を奪取

 フランスの神童がまたしても、センセーショナルな活躍を見せた。フランスのリーグ・アン第17節のパリ・サンジェルマン(PSG)とリールの一戦(3-1)で、フランス代表FWキリアン・ムバッペは試合終了間際にクリアボールに抜け出し、そのままピッチを独走。一人カウンターでおよそ60メートルを駆け抜け、無人のゴールを陥れた。英メディアからは「ウサイン・ボルト級」「ランウェイを駆け抜けた」と称賛されている。

 PSGはMFアンヘル・ディ・マリアとハビエル・パストーレのアルゼンチン代表コンビのゴールで、2点のリードを奪った。しかし、後半41分にリールに1点を返され、さらに試合終了間際にはCKを献上。最後のチャンスとばかりに、リールはGKミク・メニャンを上げて全員攻撃を仕掛けたが、その数秒後にムバッペのスーパープレーが飛び出した。

 PSGのブラジル代表DFマルキーニョスが、CKを頭ではね返したこぼれ球はリールに拾われたが、ゴール前に放り込まれた浮き球を再びマルキーニョスがヘディングでクリア。敵陣のスペースに出たボールにいち早く抜け出したムバッペは、スライディングをかわして追いかけてくるリールのDF3人をぶっちぎると、そのまま無人のゴールにボールを流しこんだ。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング