珠玉プレーはまさに教材 C・ロナウドの華麗な足技に脚光「見て学ぼう」「史上最高」

 

CLドルトムント戦、スペイン代表DFバルトラをシザース2連発で置き去りにする

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終戦ドルトムント戦でゴールを挙げ、チームの3-2勝利に貢献。グループステージ全6試合で得点を挙げる史上初の快挙を成し遂げた。CL公式インスタグラムはその活躍を称えるとともに、試合中に見せた華麗なドリブル動画を公開し、ファンから反響を呼んでいる。

 ロナウドはドルトムント戦、前半8分にFWボルハ・マジョラルの先制点をお膳立てすると、その4分後には相手マーカーの寄せにひるまずペナルティーエリア左からワンステップで右足を一閃。相手GKもシュートの軌道を見送るしかないスーパーゴールで追加点を決めた。

 グループステージ全6試合で得点を挙げる史上初の快挙もさることながら、CL公式インスタグラムがフォーカスしたのはロナウドの華麗なドリブルだ。

 投稿された動画では、主戦場である左サイドでボールを受けた背番号7が、突破を仕掛けるシーンを捉えている。一つ、二つと右足でタッチし、対峙したドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラとの間合いを詰めると、右足を内側から外側へ移動してボールをまたぐ「シザース」を発動。立て続けに二度フェイントを入れて幻惑すると、最後は相手が足を出して奪いに来たところを左足でボールをスペースに出し、完璧に抜き去ってみせた。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング