コロンビア代表司令塔ハメス、現代の“絶滅危惧種”に警鐘 「10番に居場所はない」

クラシカルな司令塔だったハメスは、欧州挑戦を機に“偽9番”の役割がスタート

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦(6月19日・サランスク)でコロンビア代表と激突する。そんな南米の強豪の司令塔を担うMFハメス・ロドリゲス(バイエルン)が、現代フットボールにおける「背番号10」の“絶滅危機”について分析している。スペイン紙「AS」が報じている。

「僕はこの世界で、背番号10がほとんど存在しないと思っている。現代フットボールは戦術的でとてもフィジカル的でもある。10番に居場所はないんだ」

 ハメスは「10番に居場所はない」と表現。自身が2010年にアルゼンチン1部のバンフィエルドから、ポルトガルの強豪ポルトへと移籍した際の例を交えながら持論の理由を説明する。

「ポルトにやってきた時に、彼らは僕にはっきりと言ったんだ。我々は君がクラシックな10番だということは分かっている。しかし、ここではフォワードとしてプレーすることになる、とね。その瞬間から“偽の9番”としての役割がスタートしたんだ。それと同時に中央に走り込むような役割も、ね」

 

page1 page2

トレンド

ランキング