コロンビア紙がH組3カ国を分析 日本のスピードを警戒する一方、“弱点”としたのは?

W杯初戦で激突する日本は「本当に危険な側面を持つ」と警戒

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)本大会で、ポーランド、コロンビア、セネガルとグループHで対戦することが決まった。来年6月19日のグループリーグ初戦でコロンビア代表と激突するが、同国メディアはH組のライバル国を特集。日本代表の「弱点」も炙り出している。

 本大会を見据えた戦いはもう始まっている。コロンビア紙「エル・ティエンポ」は、「グループステージでコロンビアを待ち受ける全く異なる3つの挑戦」と特集している。

 初戦で激突する日本の注目選手は、パチューカFW本田圭佑とドルトムントMF香川真司の二人。チームのストロングポイントについては「とても素早いチームだ。選手たちのダイナミズムにより、チームは本当に危険な側面を持つ。加えて、戦術はとても浸透している」と分析している。

 デュエルという1対1の激しさを求めるバヒド・ハリルホジッチ監督の攻守の切り替えの素早いサッカーを警戒。戦術浸透度の高さも認めている。

 その一方で、弱点もあるという。「チームは空中戦で守備面の問題を抱えている。サイドからエリアを狙うボールは彼らの弱点を突ける」と分析している。サウサンプトンDF吉田麻也ら、守備ユニットの空中戦での強さに疑問の目を向けている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング