レアルがインテルのエース獲りへ本腰!? スペイン紙「リストのトップに位置している」

首位バルサと勝ち点8差 絶対的得点源の不在で15得点のイカルディに白羽の矢

 レアル・マドリードが来年1月の冬の移籍市場で、インテルのエースであるアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを獲得する可能性が浮上しているという。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 レアルは現在、リーグ戦で首位バルセロナと勝ち点差8の4位。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと元フランス代表FWカリム・ベンゼマにようやく復調の兆しが見られつつあるが、リーグ戦はそれぞれ2ゴールのみで、MFマルコ・アセンシオとイスコのスペイン代表コンビが4ゴールでチーム内得点王という苦しい状況だ。

 そんな“白い巨人”が、水面下でインテルのエース獲得を画策しているようだ。

 イカルディは今季、14試合で15ゴールと爆発中。ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレと並んで得点王争いでトップに立ち、2位につけるチームの躍進に大きく貢献している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング