アーセナル“二大エース”が宿敵マンUに来季移籍!? モウリーニョがサンチェス獲得興味と英紙報道

今季限りで契約満了のサンチェス 今夏90億円でマンC移籍寸前も急転残留

 アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは今季限りで契約満了になる一方、契約延長にいまだサインしていない。このままいけば他クラブは来夏、移籍金ゼロでサンチェスを獲得可能となるが、宿敵マンチェスター・ユナイテッドが移籍先として急浮上している。英紙「ザ・サン」が報じた。

 アーセナルのエースは今夏、6000万ポンド(約90億円)でマンチェスター・シティに移籍する寸前だった。だが、アーセナルが獲得交渉を進めていたモナコのフランス代表MFトマ・レマルを土壇場で獲得できなくなったため、急転残留となっていた。

 シティが依然として獲得候補に浮上するなか、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が触手を伸ばした。契約ボーナスとして2500万ポンド(約38億円)を支払う準備を進めていると報じられている。

 ドイツ代表MFメスト・エジルにもユナイテッドへの移籍話が浮上したばかりのガナーズだが、来季二大エースを失いかねない危機的状況に直面している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング