デヨングが今夏にもミランを退団 マンUとすでに交渉開始か!?

恩師の下へと旅立つのか

 オランダ代表MFナイジェル・デヨングが今季限りで契約満了となるACミランとは契約延長せず、移籍する意思を固めたという。すでにマンチェスター・ユナイテッド(マンU)と移籍交渉を始めている可能性が高まった。イタリアサッカー情報サイト「カルチョ・メルカート」が報じた。
 現在セリエAの8位と苦しむミランの中盤を支え続けてきた実力派ボランチは、ミラノを去ることになりそうだ。デヨングは、すでにミランからの契約延長の提示を固辞。さらにオランダ名門アヤックスからのオファーも断り、現在はマンUとの契約交渉に入ったという。
 マンUのルイス・ファ ン・ハール監督は、これまでも昨年のブラジルワールドカップまで指導したオランダ代表の選手たちを集めようとしてきた。昨夏にMFダレイ・ブリントを獲得し、現在もPSVのFWメンフィス・デパイ、ローマMFケビン・ストロートマンを狙うなどオランダ人選手の獲得に積極的だ。そして、デヨングもその一人となっている。
 6月に契約満了となるデヨングは、すでに他クラブと来季契約を結べる状態にある。デヨング流出は日本代表FW本田圭佑の所属するミランにとって大きな痛手となるだろうが、ボランチの強化を狙うマンUには絶好の補強となるかもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング