日ノ本学園、2年ぶり5回目の日本一! 「サボり上手」の2年生FW澁川が激走ヘッド

監督も同僚も証言する「サボる」の真相

 結果を出したのは、2年生FWの澁川鈴菜だった。

 宮本が右サイドへフリーで抜け出して1対1を仕掛ける素振りで時間を作る間に、前線へ。宮本のバックパスを受けた伊藤美玖(3年)がクロスを上げると「キックの精度が良い選手なので、来ると思った」とそのままゴール前へ走り込み、豪快なヘディングシュートを決めた。苦境を救う一発は、日本一を決める決勝点になった。

 勝利の立役者について話を聞くと、田邊監督は「真面目な子が多いんですけど、あの子は、サッカー的に上手くサボります」と苦笑いを浮かべた。エースの宮本に聞いても「サボりますね」という証言が返ってきた。

 運動量が課題という澁川にも自覚はある。「動かないでいて、相手が離れてフリーになることもある」と積極的にマークを振り切るだけでなく、動かないプレーも狙っていることを明かした。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」