今夏の移籍市場をにぎわす存在に バルサのアウベスにマンU、アーセナルが興味

アーセナルが争奪戦に参入

 バルセロナのブラジル代表DFダニエウ・アウベスは今季終了後、アーセナルかマンチェスター・ユナイテッドへと移籍する可能性が浮上した。スペインのサッカー専門サイト「fichajes.net」が「別のオプション」という見出しで報じている。

 今季限りでバルセロナと契約満了になる世界最高峰の右サイドバックだが、チームは契約延長に応じる方針ではないという。

 今夏の移籍市場では違約金なしで移籍できる上に、他クラブとの移籍交渉も行える状況のため、アウベス側も水面下で去就に関する動きを見せている。

 すでにマンチェスター・ユナイ テッドが強い興味を示していたが、ここにきてアーセナルが争奪戦に参入してきた。プレミア移籍が濃厚視されているが、セリエA首位ユベントスも興味を示している。

 名門3クラブに来季移籍する可能性が浮上しているが、アウベスはレギュラーとしての出場機会を新天地選びで最も重要視しているとされる。

 リーガ過去25年間で、バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシ、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ、3位のバルセロナMFシャビに次ぐ、4位となる通算92アシストを記録している実力者は、移籍市場の大きな目玉となりそうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング