好調ヴォルフスブルクが次に狙う大物ストライカーは?

シュールレに続き、ルカク獲得でバイエルンの対抗馬に

 

 ヴォルフスブルクは今夏の移籍市場でエバートンのベルギー代表FWロメウ・ルカクの獲得に乗り出す可能性が浮上している。英地元紙「デイリースター・サンデー」が報じている。

 ヴォルフスブルクは現在リーグ2位と好調を維持している。1月30日にはリーグ戦第18節で首位を独走するバイエルン・ミュンヘンを4-1で撃破するなど、波に乗っている。

 1月の移籍市場閉幕直前にチェルシーから2460万ポンド(約44億円)の移籍金でドイツ代表FWアンドレ・シュールレを獲得し、戦力アップに成功。そのシュールレはデビュー戦となった2月7日のリーグ戦第20節ホッフェンハイム戦でいきなり2ゴールを演出しており、勝利に貢献している。チームは第21節レバークーゼン戦も制し、9試合負けなしとなっている。

 いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのヴォルフスブルクだが、今夏にルカク獲得に乗り出す可能性が高まっている。

 ルカクはUEFAチャンピオンズリーグという大舞台でのプレーを熱望する一方、エバートンは今季の不振によりチーム再編と補強を余儀なくされる可能性が高まっている。14年7月にルカク獲得時にチェルシーに支払ったクラブ史上最高の移籍金2800万ポンド(約50億円)と同額以上のオファーが届いた際は、交渉を前向きに検討する方針だという。

 今季名門ドルトムントがよもやの大不振に陥ったこともあり、ヴォルフスブルクはさらなる即戦力の補強を画策中。バイエルンの王座を脅かすために、着々と準備を進めている。

【了】

 

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング