C・ロナウド獲得を狙うPSGが最高186億円オファー! レアル以上の年俸も用意か

移籍金は124億円から186億円になるとフランス紙が報じる

 レアル・マドリードから退団の意思を固めたと報じられたことで世界中の耳目を集めているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対し、フランスの強豪パリ・サンジェルマンが第一弾のオファーを提示したという。フランス紙「レキップ」が報じている。

 同紙によると、PSGのオファー額は1億ユーロ(約124億円)から1億5000万ユーロ(約186億円)の間になるという。そしてロナウド個人に対しても、PSG入りを説得するべく自分たちのプロジェクトのプレゼンテーションをスタートさせるとした。そして、現在のレアルで受け取っている年俸よりも高額な条件を用意することも決まっているという。

 ロナウドの去就を巡っては、スペイン紙「マルカ」がポルトガル代表の同僚に話したという「僕はレアル・マドリードから移籍する」「もう決心したんだ」「撤回はしない」という決意の言葉を紹介した。

 ロナウドの移籍が成立すれば、昨夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへフランス代表MFポール・ポグバが移籍した際の1億500万ユーロ(約130億円)のフットボール史上最高額の移籍金を更新することは確実な情勢だ。そのロナウドを手中に収めるのは、オイルマネーを背景に持つフランスの強豪になるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング