ユベントス、欧州王者への切り札獲得で電撃合意! ブラジル代表FWと4年契約、移籍金48億円

バイエルンで出場機会の減っていた実力派ウインガーのD・コスタを獲得

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリードに1-4で苦杯を舐めさせられたユベントスは、捲土重来の補強に成功したようだ。バイエルンのブラジル代表FWドウグラス・コスタ獲得で合意に至ったと、フランス地元紙「レキップ」が報じている。

 コスタは2015年にシャフタール・ドネツクから3000万ユーロ(36億円)の移籍金でバイエルンに加入。2年目の今季は23試合で4得点・6アシストを記録したが、前線にはポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリら豪華タレントが揃うため、前年から出場時間が減っていた。

 2020年6月まで契約を残しているコスタだが、新天地はイタリアに決まったようだ。レキップによれば、ユベントスと4年契約で電撃合意に達したとされ、移籍金は4000万ユーロ(約48億円)で決着する見込みだという。

 イタリアの絶対王者は、ブラジル代表の実力派ウインガー獲得で、来季こそ欧州の頂点を狙うつもりだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング