吉田所属サウサンプトン、来季監督選びに注目 英ブックメーカーで一番人気は?

噂に上がるトゥヘル監督が2倍で最有力候補、大穴にはルイス・エンリケ監督の名前も

 日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは、現地時間14日にクロード・ピュエル監督の解任を発表した。後任選びに注目が集まるが、英ブックメーカーは前ドルトムント指揮官のトーマス・トゥヘル氏を最有力候補に押し出している。

 英ブックメーカー「スカイ・ベット」では、以前から噂に上がっているトゥヘル氏のオッズを2倍に設定。最有力候補と予想した。元インテル監督のフランク・デ・ブール氏(5.5倍)、アラベスを率いていたマウリシオ・ペジェグリーノ監督(9倍)、元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏(9倍)が後に続いている。

 その他にも、昨夏以降に無所属が続いているユナイテッド前監督のルイス・ファン・ハール氏(21倍)や、今季サンダーランドで2部降格の憂き目にあったデイビッド・モイーズ監督(21倍)、元イングランド代表監督のロイ・ホジソン氏(26倍)らがリストに名を連ねた。ドルトムントの新監督候補と騒がれていたニースのルシアン・ファブレ監督にも、21倍のオッズがついている。

 また大穴予想として、今季限りでバルセロナを退任したルイス・エンリケ監督にも51倍の高配当がついている。最も高い配当がついたのは今季途中からスペインのグラナダの指揮官に就任したトニー・アダムス監督で、オッズは67倍だった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング