ドルトムントが強気交渉、バルセロナが撤退 徹底抗戦でフランス人アタッカーの流出阻止

バルセロナがデンベレの引き抜き狙うも…ドルトムントは112億円の移籍金を要求

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、若手有望株がビッグクラブから狙われるのが移籍市場での恒例になっているが、強気の交渉でバルセロナを諦めさせた模様だ。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 バルセロナがターゲットにしていたとされるのは、フランス人MFウスマン・デンベレ。20歳の若さにしてレギュラーポジションをつかみ、今季リーグ31試合6ゴール、UEFAチャンピオンズリーグ10試合2ゴールの成績を残した。

 しかし、バルセロナの交渉に対してドルトムントは移籍金9000万ユーロ(約112億円)を要求。あまりの高額にバルセロナは撤退を決意し、ターゲットを変更したという。

 リーグ得点王を獲得したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの流出が決定的とされるなか、さらなる有望選手の引き抜きに徹底抗戦の構えを見せるドルトムント。デンベレは、来季も香川らとともにドルトムント攻撃陣の一角を担うことになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images 

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング