ウェストハムが“歴史的失敗” 移籍市場最終日に8件の交渉が全て破談に

「全部最後の2時間で破談になってしまった」

 プレミアリーグで8位につけるウェストハムが後半戦の躍進に向けて移籍最終日の2日に8件の移籍交渉をまとめようとしたが、いずれも失敗したことが明らかになった。

 共同オーナーのデビッド・サリバン氏の息子であるジャック・サリバン氏が自身のツイッターで悲しい報告を済ませた。

「悲しいことに今日8つのディールを成立させようとしたが、全部最後の2時間で破談になってしまった。今どの交渉も成立しそうもない」

 新加入選手の朗報を待つサポーターに悲報を届ける格好となってしまった。ウェストハムは8位ながら欧州チャンピオンズリーグ進出圏内の4位サウサンプトンとは勝ち点差わずか6で、射程圏内にある。トットナムのトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールら実力者の駆け込み補強を目論んだが、記録的な交渉失敗により大型補強はおろか、1人の補強も実現できなかった。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング