フンメルス、ドルトムント“再々出戻り”移籍の可能性を示唆 「理論上はあり得る」 

2008年からドルトムントで8シーズン過ごし、16年に下部組織出身のバイエルンへ

 バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスは2016年に退団したドルトムントへ復帰する可能性があるという。ドイツのテレビ番組に出演した28歳のセンターバックは、古巣への出戻り移籍を「理論上はあり得る」とした。

 フンメルスは2008年からドルトムントで8シーズン過ごし、昨夏に下部組織出身のバイエルンへの復帰を果たすと、移籍1年目からリーグ制覇を経験した。

 しかし、ドイツ公共放送「ZDF」で放送されているテレビ番組「シュルツ&ベーマーマン」に出演したフンメルスはドルトムント復帰について聞かれ、「理論上はもちろんあり得る。言うべきではないのかもしれないが、答えはイエスだ」と復帰の可能性があることを明言した。

 バイエルンと2021年までの契約を結んでいるフンメルスだが、今でも古巣への思いは残っているようだ。バイエルンからドルトムント、そしてドルトムントからバイエルンと渡り歩いた男の“再々出戻り”移籍が実現する日は訪れるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング