香川がユナイテッドから放出された理由とは? 元同僚がファン・ハール時代のある事件を暴露

香川とともにユナイテッドから放出されたバーンリーの新鋭DFキーンが明かす

 バーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーンは、2014年末に下部組織上がりのマンチェスター・ユナイテッドから加入。現在、プレミア屈指の若手センターバックに育った新鋭は、ドルトムントの日本代表MF香川真司とともにユナイテッド放出を余儀なくされたある事件を明らかにしている。英地元紙「ガーディアン」が報じた。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合無料でライブ配信中【PR

 キーンは2014年8月23日のサンダーランド戦でユナイテッドにおけるリーグデビューを果たした。だが、その1週間後にはバーンリーに期限付き移籍で放出され、2015年1月には完全移籍に契約が切り替わった。

 バーンリーと3年半契約を結んだキーンは英代表メンバーの常連となり、ユナイテッドが買い戻しを検討していると報じられるほどの実力者に成長している。

「自分はいつでもマンチェスター・ユナイテッドの選手だと感じていた。コーチたちは時に成長のために他の選手を期限付き移籍で放出すると話していた。それは自分にとって問題ではなかった。自分にはまだトップチームの実力がないとチームは考えていたので、チームに復帰した時、自分の経験になると見ていた。しかし、サー・アレックスがチームを去った後、全てが変わってしまった」

 キーンはこう語った。2012年シーズン優勝後に勇退したファーガソン元監督の退任後、生え抜きのキーンの運命は変わったという。ルイ・ファン・ハール政権1年目でチームを去り、ユナイテッドで実力を証明する機会を手にできなかった。

 

page1 page2

ランキング