「縄で縛り付けるしかない」 PSGのブラジル代表MF、CL16強で対戦のメッシに戦前から白旗

 

PSGのモウラ、メッシへの経緯を隠そうとせず「彼を止めることは不可能」

 バルセロナは現地時間14日、UEFAチャンピオンズリーグ16強でパリ・サンジェルマン(PSG)との敵地第1戦を迎えるが、PSGのブラジル代表MFル−カス・モウラはバルセロナのアルゼンチン代表MFリオネル・メッシを食い止めることを「不可能」と戦前から白旗。バロンドール(欧州最優秀選手)受賞5度の天才を封じ込めるためには「縄で縛り付けるしかない」と反則以外に手段なしと語っている。スペイン地元紙「AS」が報じた。

 アーセナルなども獲得に乗り出すと報じられている24歳のウインガーは、本拠地で迎え撃つバルサと相手エースに対する敬意を隠そうとしなかった。

 「勝てない相手などいない。でも、個人的には彼らが本命だ。彼らは世界最高のチームだ」とモウラは語った。そして、メッシについては「個人的には彼を止めることは不可能だと思う。縄で縛り付けるしかないよ」と脱帽している。

 メッシにボールが渡ってしまえば、縛り付けなければ止められない。「戦術としては彼にボールが渡るのを妨害することだ。本当に組織されていないといけない」とモウラは明かす。

 メッシ以外にも強力なメンバーを揃えるバルサを、オイルマネーの強豪は撃破することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング