ユベントスの元ブラジル代表MFも爆買い! 河北華夏が年俸8億円超で獲得合意

 

エルナネスも中国行きが事実上決定

 ユベントスの元ブラジル代表MFエルナネスが、“爆買い”移籍の波に乗った。中国1部の河北華夏幸福に、800万ユーロ(約9億6000万円)で移籍することで合意に達したことが明らかになった。地元紙「イル・メッサジェーロ」が報じている。

 2015年夏にインテルからユベントスに加入したエルナネスは、中国に向かうことが事実上決まった。ジュゼッペ・マロッタGMは移籍金800万ユーロに加え、200万ユーロ(約2億4000万円)の成果ボーナスを支払うことで、河北華夏サイドと合意に達したことを認めたという。

 エルナネスも河北華夏と、ユベントスで受け取っている年俸から2倍となる700万ユーロ(約8億4000万円)の3年契約で合意に達しているという。メディカルチェックを経て、移籍が正式決定となる運びだという。

 河北華夏は昨季から、アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ、コートジボワール代表FWジェルビーニョら欧州で活躍した実力者を高額移籍金で買い漁ってきた。イタリア王者ユベントスの11番を背負ってきた男も、高額年俸を手にするために中国へ向かうことになる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング