サウサンプトン電撃加入へ、ウルグアイ代表DFがメディカルチェック 吉田との新コンビ誕生か

ミラン移籍が破談のカセレス、負傷者続出のサウサンプトン移籍に前進

 ACミランからのオファーを断った元ユベントスのウルグアイ代表DFマルティン・カセレスが、サウサンプトンに電撃移籍するためにメディカルチェックを受けたことが判明。日本代表DF吉田麻也がバルセロナなどでプレーしてきた猛者と、最終ラインの中央でコンビを組むことになりそうだ。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 最終ラインに負傷者が続出するACミランの救世主として期待されていたカセレスは、マドンニーナ病院でメディカルチェックもパスし、移籍確実と見られていた。だが、資金不足のミランはカセレスの要求する半年間の給料を支払えず、移籍は土壇場で決裂となった。

 カセレスはすでにロンドンに出発。サンダーランドとの契約交渉はまとまらず、その後サウサンプトン移籍に向けてメディカルチェックを受けているという。

 サウサンプトンはDFラインの補強が急務となっている。元キャプテンのポルトガル代表DFジョゼ・フォンテが、1月にウェストハムへ移籍。不動の主力であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは左足首を故障したため、前半戦に最終ラインを引き締めていたセンターバックコンビを一気に失うことになった。吉田がレギュラーに抜擢されているが、23歳のジャック・スティーブンスらセンターバックの相棒は経験不足だ。

 吉田は百戦錬磨のウルグアイ代表DFとタッグを組むことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング