ウェストハムが4日の結果次第で監督交代も シティでリーグ優勝経験のマンチーニ氏を招聘か

 

1日の試合をスタンド観戦したマンチーニ氏 「イタリアに戻って電話を待っている」

 イングランド・プレミアリーグのウェストハムが監督交代に踏み切り、後任としてインテルなどを指揮したロベルト・マンチーニ氏を招聘する可能性が急浮上している。マンチーニ氏の母国イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 ウェストハムは今季からロンドン五輪のメイン会場だったオリンピックスタジアムを本拠地とし、ヨーロッパのカップ戦出場権獲得がノルマとされるシーズンをスタートしていた。しかし、現状は勝ち点28の11位に沈み、UEFAヨーロッパリーグ出場権の5位からは勝ち点18差と大きく引き離されている。降格圏18位との差は勝ち点9と、まさかの事態も考えられる苦しい状況にある。

 直近では1日の本拠地マンチェスター・シティ戦で0-4と完敗したが、そのゲームのスタンドにマンチーニ氏の姿があったという。すでにウェストハムは最初のコンタクトをマンチーニ氏に対して取っている模様。4日にサウサンプトンと対戦するが、その結果次第では監督交代に踏み切ると指摘する。

 ウェストハムは、冬の移籍市場でトップチームでのプレーを拒否したフランス代表MFディミトリ・パイェをマルセイユにやむなく放出するなど、チーム内では混乱も生じていた。記事では「イタリアに戻ってウェストハムからの電話を待っているマンチーニだが、その呼び出し音はすぐに鳴る可能性がある」としている。

 シティでプレミアリーグ制覇の経験を持つマンチーニ氏は、今季開幕直前にインテルと事実上の解任とされる契約解除でチームを離れ、現在はフリーになっている。マンチーニ氏のイングランド再上陸は、思いのほか早いタイミングで訪れるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング