1月の移籍市場で最後の爆買い移籍 ナイジェリア代表FWが28億円で中国1部の長春亜泰へ移籍

ワトフォードのFWイガロ、ロンドン市内でメディカルチェックを実施

 1月の移籍市場で最後の爆買い移籍になりそうだ。ワトフォードのナイジェリア代表FWオディオン・イガロが中国1部の長春亜泰に移籍金2000万ポンド(約28億円)で移籍することが決まった。

 中国移籍に関してクラブ間合意に達したイガロはロンドン市内でメディカルチェックを行なったという。そして、ワトフォードのクラブハウスで移籍交渉を完了させた模様だ。

 昨季17ゴールを決めたストライカーだが、今季はわずか2得点と苦しんでいた。ワトフォードはフィオレンティーナからFWマウロ・サラテ、ACミランからFWエムベイェ・ニアングを獲得するなど前線の補強を済ませていた。

 クラブの公式サイトでは「ワトフォードFCの全ての人間はオディオンのクラブへの貢献に感謝しています。彼の将来のキャリアに幸運を祈っています」と声明を発表している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング