主将・熊谷、元なでしこ岩清水と熱い抱擁にファン感涙「いいシーン」「ウルっとくる」

試合後に笑顔を見せた熊谷紗希【写真:徳原隆元】
試合後に笑顔を見せた熊谷紗希【写真:徳原隆元】

2-1勝利後、OB岩清水梓とのワンシーンが話題

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、2月28日に国立競技場で行われたパリ五輪アジア最終予選の北朝鮮との第2戦に臨み、2-1の勝利を収めた。これにより今夏開催のパリ五輪への出場権を獲得したなか、試合後のインタビューでキャプテンの熊谷紗希と解説を務めた岩清水梓との抱擁シーンに、ファンからは「これは泣けるわ」「涙腺が崩壊」と、話題を呼んでいる。

 なでしこジャパンは、第1戦を0-0で終えており、勝てばパリ五輪が決まる北朝鮮との第2戦に臨んだ。試合は前半25分、フリーキックの流れからFW田中美南がヘディングシュートを放ち、クロスバーに直撃。こぼれ球を高橋はなが押し込み、貴重な先制点を奪った。

 後半に入っても一進一退の攻防が続くなか、同31分に右サイドでDF清水梨紗が相手の股を抜き1人かわしてクロスを上げる。このボールにゴール前に走り込んで来たMF藤野あおばが頭で合わせ、リードを2点に広げた。同36分に1点を返されたが、なでしこジャパンは2-1で逃げ切り、パリ五輪の出場権を手にした。

 試合後のインタビューでは、キャプテンの熊谷が目に涙を浮かべながら応じたなか、解説を務めた岩清水とピッチで再会すると、何度も抱擁を交わして安堵の表情を見せていた。この様子をスポーツチャンネル「DAZN」公式X(旧ツイッター)が、「熱い抱擁 キャプテン・熊谷紗希と解説を務めた岩清水梓さんのグッと来るシーン」と綴り公開している。

 この投稿にファンからは「素晴らしい」「本当に良かった」「いいシーン」「ウルっとくる」「我慢してた涙腺が崩壊」「これは泣けるわ」「本当すごいプレッシャーだったんだろうな」「歴史に残る名シーン」と、さまざまなコメントが寄せられている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド