なでしこJ圧巻弾、股抜き突破→クロスアシスト場面に元代表MF熱視線「狙っていますね」

清水梨沙(写真左)が右サイドを突破して2点目をアシスト【写真:Getty Images】
清水梨沙(写真左)が右サイドを突破して2点目をアシスト【写真:Getty Images】

北朝鮮とのパリ五輪最終予選第2戦が開催

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、2月28日にパリ五輪アジア最終予選の北朝鮮戦の第2戦を国立競技場で行っている。前半25分にDF高橋はなのゴールで先制した日本は、後半31分にもMF藤野あおばが追加点を決めている。

 勝ったチームがパリ五輪の出場権を獲得する大一番、なでしこジャパンは1-0とリードを維持して迎えた後半31分、右サイドでDF清水梨紗が相手を1枚外してクロスを上げると、ニアサイドに走り込んできたMF藤野あおばがヘディングシュートを決めて2-0とした。

 日本の2点目が入った直後、テレビ解説を務める元なでしこジャパンのDF矢野喬子は「この流れから日本が点を取るのは大きい」と、日本の追加点を喜んだ。元なでしこジャパンのMF岩渕真奈も「大きいですね。ここ清水選手が素晴らしいですね」と、清水が1対1で仕掛け、股抜きで相手を抜いた場面に着目した。

 矢野に「狙っていたんですかね、股の間?」と聞かれた岩渕は、「この感じは狙っていますね」と言い「藤野選手も中に入れていましたし、清家(貴子)選手もいたので、攻撃に人数がかけられていて良いですね」と、1点をリードした試合終盤も攻撃に人数をかけられていることを評価した。

 そして、試合前に「私も緊張する」と話していた岩渕は、リードが2点に広がったことを受けてピッチ上の選手はゆとりを持てるかと問われ、「私もゆとりを持てるんですけど。本当に『あおば、ナイス』って感じです」と、リードを広げるゴールを決めた藤野に感謝した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド