なでしこ熊谷紗希「メンタル強くない選手はいない」 パリ五輪行き奪取へ自信「心配ない」

なでしこジャパン熊谷紗希【写真:Getty Images】
なでしこジャパン熊谷紗希【写真:Getty Images】

パリ五輪行き懸けた運命の北朝鮮戦へ前日練習を実施

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、2月28日に国立競技場で行われるパリ五輪アジア最終予選の北朝鮮との第2戦に向けた前日練習を実施。すべてが決まる大一番を前にした主将のDF熊谷紗希は「変な緊張感はなく、全然悪い感じはない」とチームの雰囲気について話した。

 この最終予選は4チームが2チームずつに分かれ、日本は北朝鮮とのホーム&アウェーでの対戦になった。しかし、初戦に北朝鮮のホームで行われる予定だった試合は開催地の問題で二転三転し、アジアサッカー連盟(AFC)も介入する中で2月21日にサウジアラビアのジッダで中立地開催されることが正式決定。日本チームは厳しい移動や寒暖差への対応も強いられる戦いになり、24日に迎えた試合は0-0で引き分けた。

 熊谷は「チームとして明日が勝負なことは分かっている。これで次につながるかどうかすべてが決まる。変な緊張感はなく、全然悪い感じはないと思っている。みんな、戦う準備はできていると思う。勝つしかないので、試合の中や試合前に気づいたことがあれば声を掛けたいけど、そんなにメンタルが強くない選手はいなさそう。そこまで心配していないです」と、現状のチームについて話した。

 この予選にはアウェーゴールのルールがないため、28日に行われる一戦は延長戦、PK戦も含め、スコアに関係なく勝ったほうが五輪への切符を勝ち取るゲームになる。プレッシャーの掛かるゲームになるが、熊谷は「予選でこのような形はあまりなかったけど、ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメントに入れば負けたら終わり。その試合を経験した選手がほとんどだと思うので、その緊張感とそんなに変わらないと思う。それでも、ここで決めなければいけない緊張感はあるけど、特別なプレッシャーを感じることなく戦いたい」と話した。

 初戦で熊谷は4-3-3システムのアンカーでスタメン出場し、後半に新鋭MF谷川萌々子と交代した。第2戦で池田監督がどのようなシステムを採用して熊谷を最終ライン、中盤の守備的な位置のどちらで起用するのかも分からないが、いずれにせよ2011年の女子W杯優勝、翌年のロンドン五輪銀メダルといった輝かしい時期も、16年のリオデジャネイロ五輪に向けたアジア予選での敗退という厳しい出来事も体験しているキャプテンはチームの精神的支柱であるのは間違いない。

 得られるものも失うものも大きなビッグマッチに向け、「改めて今夜、(チームと)話して臨みたい」と話す。女子UEFAチャンピオンズリーグ(CL)など数々の大舞台を経験してきた熊谷の統率力に期待が懸かる。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド