レスターの万能DFが加入半年でマラガへ移籍 リーグ&CL出場8試合と信頼つかめず

レアル下部組織出身のルイス・エルナンデス、移籍金2億4000万円で放出

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、スペイン人DFルイス・エルナンデスがリーガ・エスパニョーラのマラガへ移籍すると公式サイトを通じて発表した。レアル・マドリードの下部組織出身の万能DFは、わずか半年でプレミア王者を去ることになった。

 移籍金は公表されていないものの、英地元紙「レスター・マーキュリー」では170万ポンド(約2億4000万円)とレポートされている。

 エルナンデスは昨夏にスポルティング・ヒホンから加入。しかし、レスターでの出場機会はリーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグを合わせて8試合のみに終わった。センターバックと右サイドバックをこなし、クラウディオ・ラニエリ監督はエルナンデスが得意とするロングスローを戦術に組み込む試合もあったが、レギュラーとしての信頼をつかむまでには至らなかった。

 27歳のスペイン人DFは、母国での再起を目指す。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング