新生浦和は「まだ発展途上」 主将・酒井宏樹が悔やんだ実戦での課題「つながりが少ない」

浦和は開幕戦で0-2の敗戦【写真:Getty Images】
浦和は開幕戦で0-2の敗戦【写真:Getty Images】

アウェーで広島に0-2で敗戦

 浦和レッズは今季のJ1リーグ開幕戦、ほかのカードに先んじて2月23日の14時キックオフで行われたサンフレッチェ広島とのアウェーゲームに0-2で敗れた。主将のDF酒井宏樹は、「どうしてもまだ発展途上。ポテンシャルは自分たちの感覚としてすごくあるんですが」と振り返った。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 浦和は今季からペア・マティアス・ヘグモ監督が就任し、4-3-3システムの導入を宣言。この開幕戦ではベルギー1部ウェステルローへの期限付き移籍から復帰のFW松尾佑介がウイングに入り、最前線には清水エスパルスから加入のFWチアゴ・サンタナが入った。また、中盤の中央にはヘグモ監督が以前率いたスウェーデン1部ヘッケンでも中心選手だった、新加入のスウェーデン代表MFサミュエル・グスタフソンが起用された。また、注目された新加入のノルウェー代表FWオラ・ソルバッケンは試合の登録メンバーから外れた。

 Jリーグ以外のリーグでプレーした経験のある選手がスタメンに8人、外国籍選手も4人というなかで今季も主将を酒井が務めた。前半は複数回の決定機を作ったが、前半30分過ぎには流れが悪くなり失点。また、後半の立ち上がりにも失点を喫して2点差をつけられた。

 ヘグモ監督は記者会見で後半からボールをつないで前進する意識を選手に伝えたこと、それが上手くいかなかったことを話した。実際に、この時間帯は広島のハイプレスを受け、苦し紛れにサイドバックに流れてくるボールに右サイドの酒井、左サイドバックのDF渡邊凌磨は圧力を受け、インサイドハーフにつけるような縦パスが狙われた。

 酒井はこの時間帯について「特に僕や凌磨のところ、現代サッカーではサイドバックにプレッシャーを掛けるのが多いなか、わざわざそこにハマりにいった印象はあった。2点取られたあとくらい、もっと相手ゴールに向かって矢印を向けることをしないといけなかった。その結果、押し込めた。前半の後半や後半の最初は、自分たちのゴールに自分たちが矢印を向けてしまい、相手がプレッシャーをかけるだけのシチュエーションが多かった」と振り返った。

 一方で、「ただ、これはプレシーズンではなかったこと」とも言葉を発した。沖縄県でのトレーニングキャンプで行った4試合のトレーニングマッチでは攻撃の迫力を見せ、選手たちも手応えを話した。しかし、どのチームも自分たちのいい部分を出そうとする、狙いとする部分を試そうとするプレシーズンと、スカウティングしたうえで相手の良さを消す要素を多くする公式戦では違ったものになる。その意味でも、やはり別物だと言えるだろう。

 酒井は「全体的なつながりがちょっと少なかった。どうしてもまだ発展途上なので、ポテンシャルは自分たちの感覚としてすごくあるんですが」と話す。それでも、「浦和レッズは結果を出しながらやってかないといけない。周りも、メディアも、ファン・サポーターも悠長に待ってくれるようなチームではない。結果を出しながら発展しないといけないので、両方を求めないといけない。自分たちがどれだけ自分たちの意志や熱意を出せるかが大事だと思う。負けはしたが、何か反撃の糸口をという姿勢は見せられたと思う」と、その思いを言葉にした。

 2シーズン連続で腕にキャプテンマークを巻く酒井は「ここからどれくらい自分たちが構築して、結果を出しながら監督が言う発展していくことができるかが大事だと思う。しっかり自分たちがここで学んで次につなげるのが大事」と、チームの改善と成長を誓っていた。

今、あなたにオススメ

トレンド