中国人史上最高額の移籍金24億円! DFジャン・チェンドンが河北華夏幸福へ移籍

ペジェグリーニ監督の率いる河北華夏幸福が自国の中国人選手を爆買い

 中国クラブは欧州のトップクラスの選手を法外な移籍金で買い漁っているが、爆買いの波は中国人選手にも押し寄せ、インフレが止まらない状況に陥っている。

 チリ人指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ監督の率いる河北華夏幸福は、北京国安の中国代表DFジャン・チェンドンを獲得したことを発表した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」によると、24億円の移籍金は中国人史上最高額だという。

 右サイドバック、ボランチも兼務する27歳のジャン・チェンドンは、欧州リーグを中心にキャリアを歩んできた。ポルトガルのマフラなどでプレーし、13年に北京国安に移籍。昨季はスペイン1部ラージョ・マジェカーノに期限付き移籍でプレーしたが、当時パコ・へメス監督はスポンサー絡みの移籍であることを公言。「私がここにいる間に下された決定で最悪なもの」と激怒し、物議を醸した。

 世界トップクラスの高年俸選手が次々に生まれている中国リーグだが、中国人選手の移籍金も異常なまでに高騰してしまったようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング