J1浦和の新ユニフォームは「華やかなルックス」 2024シーズンの一着に海外メディア反応「モダンな外観を誇る」

浦和の新ユニフォームに海外注目【写真:徳原隆元】
浦和の新ユニフォームに海外注目【写真:徳原隆元】

10日に浦和が新ユニフォームデザインを公式発表

 J1浦和レッズは1月10日、2024年に着用する新ユニフォームデザインを発表した。この一着に海外メディアも「モダンな外観を誇る」と脚光を当てている。

 浦和の今季ユニフォームは、1st(ファースト)が「10年前にあたる2014年に採用されたユニフォームのグラフィックを彷彿させるグローバルクリエイティブデザイン」となっており、「クラブカラーの赤を基調とし、そこにランダムに散りばめられた黒のインクが独創的な世界観が演出されている」という。

 また2ndは「白を基調とし、ライトグレーを肩や袖、前後の斜めのグラフィックに使用」した。またGKのユニフォームも斜めのストライプが基調となっており、緑色、黄色、水色の3色が公表されている。

 世界のサッカーチームのユニフォームに特化した海外メディア「Footy Headlines」は、10日に公表されたJリーグの浦和の新ユニフォームを紹介している。

「浦和の2024年のユニフォームは、モダンな外観を誇っている。赤を基調とし、歓声、拍手、旗を振ってスタジアムを埋め尽くすファンをイメージした黒の模様が入った。華やかなルックスだ」

 昨季はJ1リーグ4位、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)やクラブ・ワールドカップ(W杯)など多忙な1年を過ごした浦和。ペア・マティアス・ヘグモ監督を迎えた新体制で、タイトル獲得を虎視眈々と狙っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング